会社をクビになり引きこもり…芽生えたのは「仕事がしたい」という意欲だった

どうも!「Live in the PRESENT~ワタシの イマ を、アナタの ミライ へ~」ライターのウケちゃん(@yu_ke_621)です。

 

勤め先をクビになり、早いもので2ヶ月弱が経過しようとしているんですが、今回は無職で年末年始を迎えるにあたって、見えてきたものをお話していきたいと思います。

 

すこし想像してほしいんですが、いい歳したアラサー男子が会社をクビになり、パソコンに向かってライター記事を書くってどんな印象ですか?

正直あまり良いイメージってないですよね?僕もそう思います(笑)

 

最終業務を終えた日の夜(2017年10月末日)、今後はしばらく引きこもり生活を迎えるであろう自分に嫌気が差しつつ

「この先どうなるのか?」と不安を抱き、暗闇の神社でおみくじを引き、末吉という結果に絶望したことを今でも思い出します(笑)

 

しかし実際に社会と離れて(家に引きこもって)みたからこそ見えてきたものや、分かってきたことが意外とたくさんありました。

 

30代にして職を失い身も懐も冷え切ったこの年末年始・・・かじかむ指先と心を奮い立たせながらお送りしていきますので、お付き合い頂ければと思います(*´ω`)

 

会社からクビ宣告を受けた時に感じていたこと

 

なぜクビになったのか?

IT関連のマーケティング会社で、派遣社員としては3年間という長い期間を働き、自身の営業成績がトップだったことや

正社員としての誘いもあったので(結果断る)、安定した雇用を確信していたのですが、あっさりとクビになってしまいました。

 

なぜクビになったのか?

それは仲の良かった社員の後日談でわかりましたが、一つはトータル的な僕の仕事ぶりに社員さんが何も言えなくなっていたこと、端的に言えば扱いずらい人間だったということでした。

 

自身では派遣という立場を認識していたので、謙虚に仕事をしてきたつもりだったけど、今振り返ってみると、社員さんと距離感があったんですよね・・・役員クラスにはパワハラレベルで嫌われ無視されていました(笑)

まぁ色々と問題というか保身の塊のような会社だったので、矛盾が生じた時には徹底的に食い下がっていたせいか、派遣仲間からはヒーロー的な扱いをしてもらえてましたけど(笑)

 

そしてもう一つの理由は、多動力を発揮してしまったことでした。

会社を離れる直前に、僕は自身の”ウケちゃんは静かに暮らしたい”というブログを開設し始めていて、仕事自体に余裕があった僕は片手間で業務をこなしながら、会社のパソコンで記事を書いてたんですよね。

 

更に時間が惜しかった僕は、Googleアドセンスで収益化を目指しながら、それと並行しながらTwitterで情報を発信したり仕入れたりしていたので、社員さんから完全に目を付けられていました(笑)

 

ある日、社員さんに呼び出され「ウケちゃん仕事中にブログを書くのはダメだよ」と注意をされたんですが、もともと社員さんの言動に不満と矛盾を感じてた僕は

「周りが必死に仕事をしているのに、値動きをチェックするのはよくて、なぜブログはダメなんですか?」と素直に質問をした結果、それが大きな決め手となりクビに。

 

そう、社員さん達は仮想通貨投資をやっていて、仕事中にも関わらず常に値動きをチェックしていたので、僕はそれを逆手に取り、業務中にブログを書いていたんですよね。

 

完全な自己責任とはいえ、会社からは”仕事はできるけど強調性がない人間”という謎の評価を派遣会社を通じて通達され

結果的には、なぜ自分がクビになってしまったのかは納得のいかないというか、解らないまま会社を追われることになりました。

 

自分は恐らく組織に向いていないのではないか?

組織である以上は、方針には従わなければならない・・・さすがに僕も30代なので、そのことは理解しています。

そして、組織の人間として自分の力は周りと比べてどれくらいのモノなのか?と問われれば、あまり強気なことは言えないのも事実です。

 

しかしクビ宣告から今まで、仕事はできるけど協調性がない、という評価を考えてきて感じるのは、自分は恐らく組織に向いていないのではないか?ということ。

現に会社を離れ1ヶ月半、これまで数社の中途採用面接を受けたものの良い返事を得られず、その内2社の採用担当者からは「もう一度独立されたほうが良いのでは?」と言われてしまいました。

 

これからも組織の人間として生きていくのか、それとも別の道を探しながら生きていくのか、果たして自分にとって正解は何なのか?

 

ブログを始めた理由の一つに、組織に縛られず自由に価値を生み出して生きていきたい、という思いがあることは確かなんですけどね。

しかし簡単な道ではないことも十分に理解しています。

 

引きこもり生活は何も生み出せなかった

 

とある朝に会社から「来月の契約更新はありません」という連絡を受けて、例えようのない不安を感じましたが

それと同時に「これからは家にこもってブログに没頭できる」という思いが芽生えたことを、今でも覚えています。

 

家に引きこもり仕事を探しつつ、本当に自分がやりたいことは何なのかを考えながら、パソコンと向き合う日々。

しかし書けないんですよね、全くと言っていいほど更新できず、むしろ働いていた頃の方が楽しく記事を書くことが出来ていました。

 

時間があればブログは更に捗(はかど)ると考えていたものの、想像以上に書きたいことが書けず、何も手につかない状態になり

仕事を探さなければならないという生活に対しての焦りと、日々目減りしていく銀行の残高、トドメに体調まで悪くなる始末(笑)

 

このままではいけない!とポジティブにTwitterで少しずつアウトプットを高めようとするも、全く何も頭に浮かばず・・・。

 

人間はこうなってくると、どんどん内向きになっていくんですよね~、頭では理解していても行動が追い付かない。

「アウトプットできないということはインプットが足りないんだな」と考え、本を読んだり映画を観たり、出掛けて外食してみたり・・・。

 

そうやって会社に勤めていた頃には中々できなかった事をしてみても、全く自分の中ブログが書ける気配は全くありませんでした。

 

30年以上生きてきて、これほど自分が動けなくなったことは今までになく、引きこもり生活では結局何も生み出すことはできませんでした

 

年末年始を無職で迎えることで見えてきたもの

 

とにかく動かないと物事は先に進まない

3年間勤めていた会社を離れて約2ケ月弱、止まってしまったものを動かすためにはどうすればいいのか?

まずは心と体のバランスを保つことが大事なのか?それとも後先は考えずに、とにかくやってみる方が良いのか?

 

どちらが正しいのかはわかりませんが、一つだけ言えるのは、少しずつでも動いてみることが大切かなと思います。

 

こんな年の瀬に無職になり、改めて自分を見つめ直して分かったことは、僕は動きが止まると全てが活動停止してしまうということでした。

寝る間を惜しみながらも、ブログを書きながら働いていた頃のほうが、心と体のバランスが取れ、遥かに充実していたんですよね。

 

動くことで思考が着いてくるし、思考が着いてくるからこそインプットが洗練され、不思議と色々なものがリンクして上手くいくこともあるかな、なんて思います。

 

僕は止まっちゃうと死んじゃうんですよね・・・サメかよ!って話ですが(笑)

 

でも動けなくなってしまった時、何も手につかなくなってしまった時こそ、あともう一歩だけ踏み出して動いてみる

そうすることで、停滞してしまったとしても、自分の現状を打破できる何かのキッカケを掴める、そんな気がしてなりません。

 

もちろん無理は禁物なので、何もできなくなった時にはゆっくり休むことが一番大切だと思いますが、自己実現のためには大事な要素だと思います。

 

仕事したい!

もう一つ、しばらく休んでみて感じたことは、仕事がしたいという事。

 

退職した翌日、体調を悪くして何もできなくなったことで気づいたんですよね。

あ~俺って仕事好きなんだなって。

 

逆に自分に厳しい言葉をかけるとすれば、ブログはお前にとって仕事じゃないのか?という話何ですけど

もしそんな意識を、最初から持つことが出来ていれば、今と違った景色もあったのかなと感じています。

 

今後も組織の人間として働くのか、それともブログやライターを通じて、これまでになかった働き方をしていくのか?

 

まぁ生活のことを考えると、まだまだ当面は組織人として働く必要があるけど、これは自戒も含めて、組織で働くこと自体は決して悪いものではない、というのは忘れずにいたいと思います。

なぜなら僕自身はこれまで、働かされているという認識ではなく「働く」という認識で仕事をしてきたことで、より充実した毎日を送ることができたからです。

 

ちょっとした気の迷いで、少し手が止まってしまいましたが、改めて「仕事がしたい!」と素直に思えただけでも、この2カ月弱は必要な時間だったのかもしれません。

 

「ウケちゃんはちょっと考えすぎてしまう性格なので、もう少し気楽にいきましょう!」

 

ありがたいですよ、そんな僕を気遣ってくれてか、管理者のたもつ()さんに優しい言葉を掛けられ食事までご馳走になってね

僕も彼のように物事を深く考えずに、まず一歩そして更にもう一歩とね・・・自己実現に向かって力強く進んでいきたいなぁって、そんな風に思います(笑)

 

さいごに

身も心も凍えるような今年の冬、こんなに辛い年末年始を迎える人なんて僕以外にいるんでしょうか?

会社から「ウケちゃんが居ると仕事がしづらい」という謎のクビ理由を突きつけられ・・・もう僕以上に辛い人間は、この世に存在しない気さえします。

 

すいません(*_ _)

きっとたくさんいますよね(笑)

 

冗談はさておき、僕と同じような状況の人が世の中にどれ位いるのかはわかりませんが、要は辛い時こそ気持ち次第なのかな~と思います。

 

「明日からがんばるんじゃない…今日…今日だけがんばるんだっ…!今日がんばった者…今日がんばり始めた者にのみ…明日が来るんだよ…!」

これは僕の好きなマンガのキャラクターの一言ですが、これだけダラダラと書いておきながら、結局は”がんばる”ただそれだけなのかもしれません。

 

誰でも止まってしまうことはありますよ。

ネガティブになることだってありますよ。

 

だけど投げ出さずに頑張れば、最終的には何とかなる気がするし、それが救いなんですよね。

精神論ですいません。

 

 

今回は正直何も書ける気がしなかったんですよね、な~んにも思い浮かばなかった。

だけど投げ出さなかったことで、何とか書き終える事ができました。

 

記事というものは、もちろん読者に向けて書くものだけど、改めて読み返してみると、今回ばかりは自分に向けた記事になったのかもしれません(笑)

 

何かの参考になれば幸いです。

良いお年を!それではまた!

スポンサーリンク