デメリットばかりじゃない!実際に働いてみて分かった派遣社員のメリットと理想の働き方

どうもウケちゃん(@yu_ke_621)です。

 

世の中には様々な働き方がありますが「派遣社員」という言葉を聞いて、あなたはどんなイメージを持ちますか?

一般的には「安定しない」とか「将来が不安」といった、ネガティブな印象を持つことが多いかもしれませんね。

 

しかし、実際のところはそうでもありません。

 

結論から言えば派遣社員という働き方はメリットがたくさんあり、自分の将来を真剣に考えている人には最適な選択で

デメリットをしっかりと理解できていれば、不安を感じることなく働くことができる理想的な雇用形態と言えるんです。

 

そこで今回の内容は、4年近く派遣社員で働いてきた僕が「これから派遣社員で働こう」と考えているあなたに

実際に働いてみて分かったそのメリットや実状をお話していきますので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

 

派遣社員で働く前に感じていた疑問と不安

経済的自立は可能なのか?

まず収入を踏まえた上で、派遣社員として経済的な自立は可能なのか?ということについてですが

これは、よほど無駄な出費をしない限りは可能で、実際のところ生活はそれほど苦しくありません。

 

(ちなみにここでの経済的自立とは一人暮らしができるレベルかどうか?を指すこととします)

 

僕自身も派遣社員として働いてきて、いちばん長く務めていた派遣先は時給1000円という待遇でしたが

特に家賃を滞納してしまったり、食べるものに困るといったレベルの生活を送ってきたような経験はありません。

普通に週末は外食したり、お気に入りの服を購入したり、彼女とデートを楽しんだりと一般的な生活ができています。

 

派遣社員の収入で経済的に自立するために大切なことは、無駄な浪費を抑えることです。

 

確かに何か自分が欲しいものを購入する時に「これを買うと金銭的に少し苦しくなるな」と感じることもありますが

それが自分にとって浪費なのか、それとも投資になるのかを区別できていれば、決して生活に困ることはありません。

 

安定して長期的に働けるのか?

経済的に自立するためには、派遣された勤務先で安定して長期的に働けるようにならなけれはなりません。

そのためには働き始める前のリサーチが重要で、勤務先の会社に必要とされる人間になる必要があります。

 

具体的に言えば、まず派遣会社に登録し勤務先を選ぶにあたって「長期募集」をしている会社を選ぶこと。

そしてその長期で働ける会社で、あなた自身が仕事のできる人間にならなければならないということです。

 

では「どんな職種を選ばなければならないのか?」という話になりますが、長期的に働けるようになるためには

できるだけ体に負担のない職種で、なおかつ営業要素のある業務内容が良いのではないかと僕は考えています。

 

ちなみに僕はコールセンターを選びました。

 

理由は自分が腰を悪くしていたので、体を酷使するような作業系の仕事を選ぶわけにはいかなかったからです。

(コールセンターだと座って仕事ができるし、室内での業務になるので季節の変化も苦になりませんからね)

 

その上で、誰でもできるようなインバウンド(受電)業務だと、人員整理の対象になりやすいと考えていたので

勤務先を選ぶにあたっては、コールセンターで営業要素のある仕事を探し、常に成績トップを維持していました。

 

おかげさまで派遣社員としては、3年という長い期間を契約してもらうことができていましたし

その期間の中で、何度も正社員の打診を受けることができていました(結果的には断りましたが)

 

もちろんこれは僕の場合なので、体を使う作業系が合う人もいると思いますし、同じコールセンターでも事務要素が強い受電業務の方が合う人もいると思います。

しかし根本的に共通しているのは、長期募集をしている会社という前提であれば、自発的に働けるかどうかで結果は大きく変わってきます。

 

つまり経済的に自立するために安定した職場を選び、長期的に働けるかは結局は自分次第だということです。

 

仕事は楽しいか?

仕事や生活が安定してきたとしても、その先に派遣社員には大きな落とし穴が待っています。

 

それはメンタルです。

 

あくまでも僕の経験上ですが、派遣社員という立場だと、仕事内容はさほど重要な仕事を任せてもらえません。

なので自分の仕事に慣れが出てくると、単純作業の繰り返しになってしまい、仕事に飽きが出てくるんですよね。

 

正直なところ、この点に関しては僕自身は色々な改善を試みましたが、全く良い結果はえられませんでした(;’∀’)

 

同じ派遣社員さんのスキルアップの提案や、作業効率化などの様々な提案をしていたのですが、全く受け入れられず

逆に会社から煙たがられてしまって、最終的にはその3年間勤めていた勤務先から契約を切られてしまったんです。

 

仕事にやりがいを求めていたが故の行動だったのですが、閉鎖的な会社だったのでどうにもなりませんでした(笑)

 

とはいっても後悔はしていません。

個人的には良かれと思っての行動でしたし、自分が働く職場をより良い環境にしたいと考えていましたから。

 

これから、あなたが「派遣社員として働こう」と考えているのであれば、長期雇用や金銭面はもちろんのことですが

自分が選ぶ職場は合っているか?やりがいを感じる仕事かどうか?という視点を忘れずに持っておいて下さい。

 

良い人間関係を築けるか?

仕事だけに関わらず、どんな人でも新しい環境では色んな不安や悩みがついてきますよね。

中でも人との出会いや、人間関係に頭を抱えている人は決して少なくないように思います。

 

それが派遣社員ともなると、一人で組織(会社)の中に入らなければならないこともあるので、なおさら不安ですよね。

そこで僕個人の考えですが、良い人間関係を築けるかどうかは、自身の振る舞いで大きく変わってくると考えています。

 

どういうことかというと、派遣社員は与えられた仕事をすることがほとんどですが、それだけではダメなんです。

与えられた仕事だけではなく、与えられた仕事プラスアルファの仕事し、会社から評価を得なければなりません。

 

大切なことは自ら働くこと

 

もし派遣で自ら進んで働くことができなければ、当然あなたは「与えられた仕事しかできない人間」とみなされ

正社員に冷たくされてしまい、場合によっては理不尽な派遣切りをされてしまう可能性も出てきてしまうんです。

 

しかし自ら積極的に熱意を持って働くことができれば、必ずあなたのその姿勢は正社員や会社にも伝わりますし

自己成長に繋がることはもちろん、良い人間関係を築くことができ、逆に派遣でも必要とされる人材になれます。

 

とはいえ、実際のところは良い人間関係を築けるかどうかは、経験上ですが運に左右されることがあるのも確かです。

どんな職場でもパワハラは存在するでしょうし、「派遣だから」というだけで冷たくしてくる人もいますからね(;’∀’)

 

なので、もしあなたがこれから派遣会社の登録や、派遣先の会社を選ぼうとしている状況であれば

社内見学ができる職場か?というのを、予め頭に入れて会社選びをしてみてもよいかもしれません。

 

派遣社員のデメリット

ここからは派遣社員のデメリットとメリットについて、僕が実際に働いて分かったことを解説していきます。

デメリットを抑えることで派遣社員のメリットが明確になってくるので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

 

交通費が出ない

まずデメリットの一つ目は、交通費が出ないという点。

 

改めてですが、僕は福岡という土地で約4年近く派遣社員として働いてきて、様々な雇用条件や求人を見てきましたが

”交通費支給”と書かれた募集を、あまり目にしたことがありません(遠方の勤務先の場合は出ることもあるみたいです)

 

なので実際に働く前には「徒歩や自転車で通勤できる距離なのか?」ということを必ず確認するようにしてみて下さい。

 

距離や手段にもよりますが、仮に交通機関を利用したとして片道300円とすると、通勤と帰宅の往復で600円です。

つまり、ひと月で20日ほど勤務すると考えた場合、交通費だけでも1万円を軽く越える計算になってきます。

 

時給にもよりますが、通勤のためだけに毎月1万円の出費というのは、派遣社員にとっては辛いですよね。

 

当たり前かもしれませんが、交通費を抑えるということは、経済的自立に必要なお金を増やすということです。

そして僕の経験上ですが、徒歩や自転車勤務でも慣れてしまえば辛くありませんし、むしろ健康的です(笑)

 

無理をする必要もありませんが、毎日の積み重ねで大きな違いが表れるはずなので、ぜひ意識してみて下さいね。

 

ボーナスが出ない

派遣社員は時給制がほとんどなので正社員待遇は受けられず、当然ですがボーナスが出ません。

しかし、コンビニや居酒屋といった一般的なアルバイトと比べれば、時給が割高なのも事実です。

 

後にも触れますが時給制であることから、正社員とは違い派遣社員には”サービス残業”が存在しないので

考え方によっては働いた分だけ給料をもらうことができ、場合によっては正社員より多く月給を貰えます。

(ちなみに僕の友人は派遣社員で月に30万円近くの給料を稼いでます。かなり残業はしてますが・・・)

 

また営業要素のある職種になるとインセンティブがついてくることもあるので、効率的に稼ぐことができます。

僕が営業要素のあるコールセンターを勤務先に選んだのも、このことが一つの決め手になったからでした。

 

確かにボーナスは出ないので収入面では不安かもしれませんが、勤務先の条件や働き方次第で収入は上げられるので

派遣社員としての働き方に疑問を持つ前に、時給制と向き合い、そのメリットに目を向けることから始めてみましょう。

 

時給アップが望めない

とはいえ、派遣社員は派遣会社と勤務先とで成り立つ仕組みとなっているので、なかなか時給アップが望めません。

 

繰り返しになりますが、僕自身も過去に顧客獲得の仕事をしていて、月に数10万円の売り上げをコンスタントに上げていましたが

3年間勤めていたその会社では一度も時給を上げてもらえず、唯一の時給アップは派遣会社からの「1時間50円」というものでした。

 

これに関しては僕自身、3年間一度も遅刻欠勤なく成績もトップをキープし続けて、何度も交渉しましたが

結果的には門前払いで相手にしてもらえず、勤務先も派遣会社にも全くといっていい程スルーされていました。

 

なので実際に希望の勤務先に応募する前には、必ずその時給がいくらなのかをチェックするようにしましょう。

 

社内外で評価されない

これはもう何年も前から言われていることですが、派遣社員は世間的に肩身が狭い働き方かもしれません。

メディアの報道やマイナスなイメージが先行し、どうしても見下されたりバカにされたりするんですよね。

 

ちなみに僕の彼女も派遣で働いていますが、一時期は周りの人達からの心無い言葉で悩んでいました。

 

これは声を大にして言いたいことなんですが、自分で決めた働き方だから周りがとやかく言おうと気にしなくていいと思うんですよね。

だって自分の人生じゃないですか?自分が納得し「なぜ自分は派遣で働いているのか」がハッキリしていれば、気にする必要はないと思うんですよね。

 

 

派遣社員のメリット

色々な仕事の経験を積める

長期的に働くことと少し矛盾があるかもしれませんが、派遣は短期の業務もあるので色々な経験が積めます。

思いつくだけでも営業や事務やサービス販売、また軽作業や中間管理職の求人など、その種類は多岐に渡ります。

 

ポイントは派遣会社選び

 

前に派遣会社側のコーディネーターの人と食事をする機会があったのですが、重要な裏話として

職種が豊富な派遣会社かどうかは、その派遣会社に努めている営業マンの腕次第ということ仰ってました。

 

つまりどういうことかというと、あなたが登録する派遣会社側の人間が仕事を持ってこれるかどうかということです。

なので勤務先の検討も大切ですが、登録する派遣会社によっても自分の状況が変わることも見落としてはいけません。

 

あなたが、もし色々な仕事を経験してみたいと考えているのであれば、まずはたくさんの派遣会社を比較しながら

登録をする前に「どんな職種があるのか?」「定期的に仕事はあるのか?」といったリサーチをを心がけましょう。

 

サービス残業がない

先述した時給制という部分から言えることですが、正社員ではないのでサービス残業は存在しません。

つまり繰り返しになりますが、働いた分の時間はキッチリとあなたの給料に反映されるということです。

 

派遣会社に登録する時は、その派遣会社や勤務先が何分単位で残業代が発生するのかを確認しておくのが大切で

5分で発生するところもあれば、15分単位のところもあります(1時間単位はあまり聞いたことがありません)

 

ちりも積もればで、時給が良いところであれば余計に多くの残業代が見込めますので、しっかりと確認しましょう。

 

自由な時間が持てる

派遣社員を選ぶ大きなメリットの一つに、自分の自由な時間を持てることがあります。

サービス残業をすることなく、決められた時間に帰宅できるのはとても大切ですよね。

 

派遣会社はシフト制が多く、自分の出勤日と休日の希望を出せるので、プライベートを優先した働き方ができます。

しかし注意点としては、1か月分の全ての希望を出せる職場と、数日分の希望しか出せない職場があることです。

 

特にサービス関連の職種だと、”週末の土日の内どちらかは出勤”といったルールが設けられている職場もあるので

お子さんを持つ主婦の方や、自分のやりたいことがハッキリしている人は、働く前に調べておくと良いかもしれません。

 

副業ができる

世の中には未だに副業禁止の会社が多く存在し、正社員だと本業以外の収入を得ることが難しいですが

その点、派遣社員は会社に縛られずに自由な時間が持てるので、副業ができるのも一つのメリットです。

 

ちなみに僕も、このブログでライターとして記事を書くことで副収入を得ることができていますし

それとは別に自分のブログでも収入源を作ることに集中できるので、派遣の良さを実感しています。

 

副業をするということは、もし派遣切りをされてしまった時のリスクを軽減することにも繋がるので

あなたも空いた時間を有効的に活用しながら、自分にあった収入源を持ってみてはどうでしょうか?

 

派遣社員で働くために大切なこと

派遣社員という働き方を選択した時に、いちばん怖いのが派遣社員としての自分に慣れてしまうことです。

 

本記事でも触れてきましたが、デメリットを理解しながら働くことができれば、それほど生活は苦しくありません。

しかしそれと同時に、その生活に慣れてしまうと自分が本当にしたいことに気づけず、大切な時間を失ってしまいます。

 

あなたが一生派遣で働いていく気があれば、それで良いのかもしれませんが、多分そうじゃありませんよね(;’∀’)

 

繰り返しになりますが、派遣社員で働くために大切なことは、なぜ派遣をしているのかを自分が理解しておくことです。

経験上ですが、そのことを理解できていれば、派遣社員としてのキャリアは有意義なものになることは間違いありません。

 

この記事を通じて派遣社員としての将来が不安だと考えているあなたに、何かしら参考になれば嬉しい限りです。

 

それではまた!

スポンサーリンク